50代はオルリスタットとレモネードで痩せる

50代が太りやすくなるのは、基礎代謝が格段に下がることが原因です。50代になると食べ過ぎていなくても、基礎代謝より摂取カロリーが少なくなるので、脂肪が蓄積されてしまいます。そこで50代のダイエットにはオルリスタットを活用すると良いです。オルリスタットは、世界的に用いられる肥満治療薬です。食事の前にオルリスタットを服用することで、脂肪の30%を吸収しません。基礎代謝が衰えても吸収されるカロリーが少ないので、太りにくくなります。さらに今アメリカではレモネードを使った短期集中のダイエットが人気です。プチ断食をしながら体内の老廃物を除去する健康にも嬉しい方法です。レモネードダイエットでは、朝起きて腸内洗浄をし、レモネードを飲むことを3日間続けます。まず開始する1週間前から準備として、野菜中心の食事を心がけます。これによって体に与える負担が少ないです。前日には次の日の腸内洗浄を効率良くするために、ハーブティーなどお通じを良くするものを飲みます。ダイエット1日目は腸内洗浄から始めます。体の毒素の75%か腸内に存在します。1Lの蒸留水に天然塩を小さじ2杯入れます。この塩水を飲みますが、一気に飲むことができなければ4分の3程度でも良いです。飲んだ後は1時間お腹の痛くない下痢になります。腸内がきれいになったら、レモネードを1日6~12杯飲みます。2時間に1杯が目安ですが、お腹が空いた時に飲むので特に制限はありません。ただし1回に飲む量は300ccです。レモンにはクエン酸やビタミンCが豊富で、その他にもカルシウムやマグネシウム、リンなどを含んでます。レモンの香りと酸味は、交感神経を刺激して30分もすれば体が活動的になります。