オルリスタットと1ヶ月でふくらはぎを細くするには?

ふくらはぎが太くなってしまう原因のほとんどは、むくみによるものです。ふくらはぎは心臓から遠い位置にあるため、血流が悪くなりやすいです。そのため、細胞に十分な酸素や栄養素が届きにくくなります。また、重力によってリンパ液が落ちてくるので、リンパ液が溜まってむくんでしまうこともあります。
1ヶ月でふくらはぎを細くするには、温めるのがコツです。むくみは水分の滞りが原因なので、1ヶ月という短期間でも改善しやすいです。
方法は簡単で、脚の下から上に向けて手で揉むだけです。手のひらを使って絞る、手をグーの形にして両側から挟む、両手の親指を使って脚のツボを押す、などのマッサージをしてあげると良いです。
下半身には、重力の影響で体全体の血液に70%が集まっていると言われています。これを心臓に押し戻してあげるようなイメージで、マッサージしてあげましょう。
良いふくらはぎの状態は、温かい、ゴムのように弾力がある、餅のような柔らかさ、皮膚にハリがある、しこりがない、痛みやだるさが感じられない、です。むくみがある状態だと、すねの部分を親指で強めに押してもすぐに戻ってきません。
1ヶ月マッサージを続けてみると、血流やリンパ液の流れが改善して新陳代謝が良くなり、痩せやすい体質になります。
マッサージでも効果がない場合には、脂肪太りの可能性が高いです。脚の脂肪は老廃物と合体してしまい、セルライトというしこりのようなものになってしまうこともあります。
脂肪が気になる人は、オルリスタットという肥満治療薬を使ってみる方法もあります。オルリスタットは摂取した脂肪分のうち、およそ30%を未吸収で排泄させてくれます。オルリスタットとマッサージを組み合わせると、脂肪太りの解消も早くなる可能性があります。